不妊に繋がることがあるという子宮内膜症ですが、その子宮内膜症を予防する事ができる薬ができる薬があります。

一般的には避妊のために使われる事が多いのですが、ピルという薬が子宮内膜症を予防します。
ピルを飲むと、排卵がストップしますから子宮内膜が膨らまず、剥がれにくくなりますので、子宮内膜症のリスクを小さくする事ができるのです。

子供ができにくい女性は結構多いようですので、ピルで予防してみるのもいいんじゃないでしょうか?
生理の周期を安定させる事もできますし、生理痛や月経前症候群も軽減しますので、きっと役に立ちます。
生理痛が酷くて仕事に行くのもツライ・・という方もいらっしゃるはずですから、まずは婦人科を受診し、相談してみましょう。

ピルは色んな意味で良い薬

通販で購入する事ができるので、定期的に購入してしっかりと服用しているという女性は多いようです。
「私はピルを飲んでいる」なんてわざわざ人に話す事ではありませんから、本当に飲んでいる方が多いのかどうかは分からないと思いますが、ピルは様々な効果があり、病気も予防してくれるという魅力的な薬ですので、生理不順の方や避妊したい方、生理痛を軽くしたいという方にもオススメしたいと思います。

薬がなくなるたびに婦人科を受診するとなると、面倒になって通わなくなってしまうという事もあるはずですから、薬に慣れたら個人輸入を利用してみるといいでしょう。

生理をコントロールするピル薬

ピルを飲めば生理をコントロールする事ができるのですが、稀にストレスを感じたときに不正出血してしまう事があります。
ピルは毎日同じ時間に飲むという決まりがあるんですが、二時間とか三時間程度の飲み遅れで出血してしまうというようなこともありますから、なるべく時間がズレてしまわないように気を付けましょう。

生理とは違う出血があると驚く方も多いはずですが、ピル服用中に変わった症状がある場合は、定期検診を受けるようにした方が安心です。
ピルの服用は副作用があるようですし、体に合うかどうかも気になりますから、数ヶ月おきに婦人科を受診しましょう。

特に副作用がない方も、年に1回は子宮がん検診に行くのが理想です。
私は大丈夫!と思っている方も多いはずですが、念のためと考えていただきたいと思います。

飲み忘れると出血がある

避妊をするためにピルを服用する場合は、毎日飲むことになります。
同じ時間に飲んだ方がいいと言われていますが、数時間ズレてしまっても問題ないという情報もあり、緩い感じで飲み続けている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、1日の飲み忘れで出血してしまうというパターンもあります。
飲み忘れることが多くなってしまうと、せっかくの高い避妊率も下がってしまう事になります。

低用量ピルは、飲み忘れると一気に効果が落ちてしまうという薬ですので、ピルを飲む時間にアラームをセットしておくなどして、飲み忘れ防止をしてみるといいでしょう。